NPO法人 兵庫県技術士会

Hyogo Professional Engineers Association

技術士の義務

i-3021.htm

「技術士」または「技術士補」は、 技術士法において、つぎのような義務が課せられています。

1.信用失墜行為の禁止

技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ、
又は技術士及び技術士補全体の不名誉となるような行為 の禁止。

2.秘密保持義務

正当の理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用することの禁止。
技術士又は技術士補でなくなった後においても、同様。

3.公益確保の責務

公共の安全、環境の保全その他の公益を害することの禁止

4.技術士の名称表示の場合の義務

その業務に関して技術士の名称を表示するときは、その登録を受けた技術部門を明示し、 登録を受けていない技術部門を表示することの禁止。

5.技術士補の業務の制限等

技術士補が、技術士を補助する場合を除くほか、技術士補の名称を表示して当該業務を行うことの禁止。

6.資質向上の責務

常に、その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。