NPO法人 兵庫県技術士会

Hyogo Professional Engineers Association

技術士になるには

i-3031-2.htm

技術士になるには

詳細はこちら⇒詳細版

 1.手順と手続き


【第一のステップ】

技術士を目指すには、修習技術者(JABEE 課程修了または技術士一次試験合格)になる必要があります。
修習技術者には、専門技術能力、業務遂行能力、行動原則が求められます。

【第二のステップ】

「技術士第二次試験」を受験するためには、次の三つの経路のいずれかを選択する必要があります。
 1)修習技術者として、「技術士補」に登録したのち、指導技術士の下で4年以上の実務経験 を積む。
 2)修習技術者となったのち、優れた指導者の監督の下で4年以上の実務経験を積む。
 3)7年以上の実務経験を積む。

(留意事項)
(A) 受験前に提出する‘受験申込書’の業務経歴票に記載する「業務内容の詳細(720文字以内)」 が
  特に重要であることに留意すべきです。
(B) 筆記試験では、専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力が問われます。
  複合的な問題や課題を多様な視点から解析、考察することが重要で、論理的かつ合理的に説明
  できる能力が評価されます。
  また、技術士に求められる資質能力<コンピテンシー>(専門的学識、問題解決能力、評価、
  マネジメント、コミュニケーション、リーダーシップ、技術者倫理)を、不断の努力で身に付ける
  必要があり、その身に付けたことを問題解答の随所に滲ませてください。

【第三のステップ】

合格したら、公益社団法人 日本技術士会に申請して、「技術士」資格を登録することになります。

⇒詳細はここをクリック 詳細版


 2.「技術士」試験に合格するためには

技術士試験に合格する秘訣は、「高等の専門的応用能力」(計画、研究、設計、分析、試験、評 価)を証明することです。
【第二のステップ】(留意事項)に記載した内容にも留意すべきです。
すなわち、日々の努力が重要ですので、現在の仕事をしっかりやることが試験突破の最短コースを歩むことになります。
技術士に求められる資質能力の技術者倫理は特に技術士に求められますので、技術者倫理の勉強と実践は特に重要です。


受験に関することは、NPO 法人兵庫県技術士会に相談されることをお勧めします。
当会では受験講座等を開催していませんが、ご質問を受ければ適切にアドバイスすることができます。

⇒詳細はここをクリック 詳細版

              受験体験記も参考にしてください。